育てることの大切さ。

観賞用ですが、金魚や鯉などは、庭や鉢、水槽で育てられています。

以前に、日本一ですからきっと世界一だったと思いますが、錦鯉を育てられている方の話を間接的に聞きました。

そこは、陶芸の釉薬を製造している会社で、ある粒状のセラミックを作るそうですが、そこで、鯉の口に合うサイズのセラミックスと錦に色がよく出るような成分を混ぜて作っていたそうです。

美しい鯉によって、品評されて、商売に結び付いているなんて、どこかで贅沢なことですが、そうやって、育てることにも一生懸命な方々によって、市場が開拓されている。

だから、一生懸命に良くしようとすることはとても大切だということですよね。