陶芸用品いろいろ

さてさて、小分けをして、使用し易いようにした釉薬です。

粘土なども、焼き上げてからクッキーに近い色や質感に見えるようなものをこれから、いろいろ試して焼いてみます。

陶磁器は、その昔に国の重要な財産でした。

ですので、その製法などは各地域によって違い、使っている土や釉薬、または焼き方からその地域ごとの名前が付いているほどです。

ですが、現代ではこうやって美濃地方から関西、関東に至るまでの材料をインターネットや店舗で直ぐに購入することが出来、ある意味では大名が高い金額を掛けて、築き上げた技法を、直ぐに真似をすることができる時代ですね。

もちろん、真似が出来ないのは美的センスや、手先の器用さです。

土を練ることや、釉薬をかけることでも、とんでもない美的センスを要求されているのが芸術の世界ですから。

でも、気楽にやってみたら意外に素晴らしいものができるように思っています。

山下 清 画伯が何名か生まれるやもしれません・・・。