自分たちの作品。

可愛い作品から、自分たちが作家になるまでの、今の就労から産まれた物を額に収めたりしながら。

大切なことは、好きだからやっていると言うことです。

面白いことが、見つかるかどうかの大切な時間にして、そして作品がリアルに表れる。

後は、売れるまで挑戦する!