粘土も工夫。

発色が違うので、粘土へもいろいろなことを考え始めています。

作家な道のりですよね。