窯出し。

粘土が1230℃で溶けて、固まる、ガラスが溶けて固まる。

考えてみたら陶芸というのは、不思議な世界だと思います。

マグマのように、灼熱の空間を作り出せるなんて凄い!