真っ赤に燃えた。

美空ひばりさんの歌じゃないですが、真っ赤に燃えて、こんな美しい姿になるというのは神秘的というのか、とても楽しいというのでしょうか。

歌も、作曲と作詞がありますが、その時点では完成した姿は想像がつきません。

出来上がると、とても楽しい時間やドキドキした時間となるんだと思います。