相手を認めて、それでいい時。

陶芸家というと、昔のイメージでは頑固で、偏屈で、人の話をあまり聞かないようなイメージがあったりします。

受験生が勉強をしている時に、隣から話しかけられてにこやかに会話をしながら勉強が出来るような人はなかなか存在していませんし、やはり、喜怒哀楽は毎日のようにありますよね。

何かをすると、真剣な顔になるので、近寄りがたくなったり、怖いような感じになったり、しますが、そんな時間や、そんな自分との会話な時間を認めて、いつもいつも、完璧であるようなことを求めないことが、本当の姿なように見えます。