煉って、煉って、煉る。

粘土というのは、空気が入らないようにさまざまな方法で管理をしているのです。

こちらは、30年近く陶芸をされているスタッフですが、粘土の加減を気遣いながら、いろいろな工夫をして利用者が使い易いようにしてくださっています。