時代はかわりゆくけど。

白黒の写真を、ついこの前のこととして理解している世代の者にとっては、現代という社会はどのような価値観で見えているのか、思いにふけることがあります。

写真を撮影するということが、どこか特別な感じがした頃。

現代のフレームには飾らない、印刷すらされない写真だらけの世の中。

どこかで、時間が止まって見えていたならば、現在のカラーの写真はモノクロのように感じているのでしょうか。

きっと、心というのは、想像も出来ないような時間差であったり、感情の差異が生じているのでしょうね。