文化的な陶芸。

この辺りでは美濃焼、織部、志野、黄瀬戸など、昔ならの陶芸が存在していますが、現代では、いろいろな材料を取り寄せて、それらを自由に考えながら焼くことが出来るようになります。

窯も電気窯で、自動ですから、目で見るよりも温度計で、的確な調整をしてくれますから、一日で、1230℃などという高温状態で、粘土を溶かし、焼成ができるようになるビックリな近代機器です。