成長ということから、やすらぎとなる。

トレーニングなどの話で、慣れるまでは辛いなどということは当たり前だとは思うのですが。

逆に考えてみれば、散歩にしても、ジョギングにしても、よくそんな面倒なことをするなと思えることが有りますが、それも、どこかで慣れれば、してみたいからこそ、していることだということに気が付きます。

一見して、仕事も、生活も、どこか義務的であって、疲れることですが、心の成長ということが存在しているとすれば、何かの為であったり、何かをしてみたいことになって、仕事が有ることがありがたいと思えるようになれたり、家族が居ることが嬉しいというやすらぎになるのかも知れません。