想像の世界に入り込む。

理想と現実、そんな言葉を多く聞いていた世代と、現代は少し違うように思えます。

頭の中で、空に浮かんでいる姿、何か分からないモンスターに出会う姿、そんなことを話せば小説の世界とか、訳の分からないこととして、具体的にはならなかったように思えるのですが、現代では、それが3Dとして立体的になって、またAIとして会話もするような時代ですから、頭の中の空想物語も、無駄にはならない時代になりました。