取締役としての理想

可児御嵩訪問看護ステーションを昨年に設立し、就労継続支援B型 のびのび文化を設立する経営者、朝倉です。

訪問看護では、主に高齢者と関わりをもつことができ、在宅でのケアや通所介護での看護管理など、とても嬉しく楽しく利用者さまと関わりを持たさせていただいております。

私は、アロマや気功などの施術などで医療と関わり健康を促進するお仕事を20年以上してまいりました。

やはり、医療保険や介護保険の大切さや、日本の福祉がどのような環境であるかを知りました。

「健康は買えない」という言葉があるように、同じ年齢であっても体力などの差はあって、全ての人を同じように見ることが出来ないもので、一人ひとりが全く同じにように思えても、全く違った環境で暮らしているものですね。

ハンディーを背負うようなことがあっても、力強く前を向いていられる時と、そうでは無い時があると思います。

就労支援では、一時でも、瞬間でもいいので、自分の個性や可能性が広がるようなことに挑戦してみる。

日本の福祉では挑戦させていただけるような環境が、少しでも有ると思えて就労支援という糸口で、みなさまと何かを産み出して社会に発信、貢献できるような世界観、山下 清 画伯のような、楽しくのびのびとした時間を共有して、そこから可能性を導けるような、そんな就労支援所にしたいと考えています。

 

そう言っていても、大したことが出来ないかも知れません。

ですが、私だけではなくて、みんなで何が楽しいのか、何がのびのびとした人生なのかをふと、考えていられるような時間にしたいという夢を持って、福祉に取り組みたいと考えています。

まだ、スタートしたばかりの若輩者ですが、信頼されるようなチームで、末永くお付き合いをさせていただけるようになって行きたいです。