分かるひと、楽しめるひと。

一日の気力って、やはり、たとえ5分でも楽しめるような時間が存在しているかどうかだと思います。

ですので、どこか心に広さがないと、そのような考え方も出来ない訳で。

いろいろなハンディキャップが人生には訪れることが有りますが、それもこれも、そんな時にでもどこか、そんなことを忘れて楽しむような環境というのは大切ですよね。