作品の尊さ。

六盛 冷麺を食べてみたい今日この頃ですが、もし、冷麺などの器を陶芸で制作するなら、どんな風にみんなはアレンジするでしょうか。

台湾では地震が有ったそうで、陶器ならみんな割れていると思います。

一期一会なか弱さが、作品でもありますから、茶道では惜しむ大切さを教えているそうです。