作品たちです。

織部釉を使用していますが、常用の織部は緑色が強すぎるので、他にもいろいろと混ぜ合わせて、光沢と透明感を増しています。

釉薬は40種類ほど有りますが、そのままでは無く、いろいろな方法でより美しい作品をトライしています。