作品たちです。

毎日、粘土を触れば、必ず粘土の扱いは上達します。

触るところから、楽しめるところまで、根気よくやります。