みんな違ってみんな良い。

人間には好き嫌いと言うのが有りますが、だからこそ、分け隔て無く評価をしていただけるんだと思います。

男性的や女性的と言われるように、あの人らしいや、こんな感じだなとか、分かっていただける方が居ると信じています。